利用規約

まいどWrite利用規約

まいどWrite利用規約(以下「本利用規約」といいます。)は、株式会社日本ビジネスデータープロセシングセンター(以下「提供者」といいます。)が開発及び提供するiOS上で利用できる手書き入退館管理票アプリケーション まいどWrite(以下「本アプリケーション」といいます。)をご利用になる全ての方(以下「利用者」といいます。)に適用されます。
また、本アプリケーションのご利用にあたっては、予め本利用規約の内容にご同意いただく必要があります。

 

第1条 利用条件等

利用者が、提供者が開発及び提供する、本アプリケーションをダウンロードした場合は、本利用規約に同意されたものとみなします。
利用者は、本アプリケーションのダウンロードに通信費用が別途かかることを認識及び了解した上で、ダウンロードを実施するものとします。

 

第2条 ソフトウェアに関する順守事項

本アプリケーションの知的所有権は、提供者に帰属します。
なお、本アプリケーションは、完全性、確実性、動作必要条件を満たす場合でも、利用者の使用環境において動作することを一切保証しておりません。
また、予告なく本アプリケーションの仕様を変更するものとし、仕様の公開提供、利用者の許諾プログラムに関する技術保守、機能改善等のいかなる技術的提供の義務などを提供者は負わないものとします。
本アプリケーションの利用にあたり次の事項は禁止とします。
(1) リバースエンジニアリング、逆アセンブルを行うこと、またその他の方法でソースコードを解読すること。
(2) 人の生命・身体または財産に重大な危険をおよぼすおそれのある設備などを制御するためなどに本アプリケーションを利用すること、または提供者が定める指示などを順守しない用法で本アプリケーションを利用すること。
(3) 対価を受ける目的で本アプリケーションを利用すること、または第三者に利用させるなど、提供者が指定する方法による事前の承諾を得ることなく、本アプリケーションを販売、再配布、賃貸、使用許諾すること。
(4) 日本国又はご利用の際に利用者が所在する国・地域の法令等に違反する行為、当該国・地域の公序良俗に反する行為及び他人に迷惑を掛ける行為。
(5) 本アプリケーションの利用を妨害する行為又はそれを助長する行為。
(6) その他、提供者が不適切と判断した場合。

 

第3条 利用料金

提供者は、有料サービスを提供する場合があります。その場合の有料サービスについては、その他の利用規約等に定めます。
また、その他の利用規約等は、名称の如何に関わらず本利用規約の一部を構成するものとします。
本利用規約の規定とその他の利用規約等の規定が異なる場合は、当該その他の利用規約等の規定が優先して適用されるものとします。

 

第4条 不保証等

提供者は、利用者に対し、サービスを提供する義務を負うものではなく、利用者に対して事前に通知することなく、利用者の同意なしに、本アプリケーションの内容の変更、本アプリケーションの配信の一時停止又は中止を行うことができるものとします。
提供者は、本アプリケーションについて瑕疵、バグがないことを含め、本アプリケーションの利用につきいかなる保証も行わないものとします。
利用者が提供者への連絡を希望される場合には、提供者が設けた問い合わせページまたは提供者が指定するメールアドレス宛のメールによって行っていただくものとします。提供者は、利用者からのお問い合わせに対する回答を原則としてメールのみで行います。お問い合わせに対する回答メールは、完全性、確実性を保証しておりません。
お問い合わせ受付
なお、提供者は、本アプリケーションに提供者または提供者に掲載依頼をした第三者の広告を掲載することができるものとします。

 

第5条 違反等に対する措置

提供者は、以下に掲げる場合、利用者に対して事前に通知することなく、本アプリケーションの利用を停止する措置をとることができるものとします。
(1) 利用者が本利用規約に反した場合、又は、そのおそれがあると提供者が判断した場合
(2) 本アプリケーションが反社会的勢力若しくはその関係者によって利用されていることが判明した場合、又は、そのおそれがあると提供者が判断した場合

 

第6条 免責
提供者は、利用者が本アプリケーションの利用に関連して何らかの損害又は損失を被ったとしても、一切の責任を負わないものとします。
利用者は、本アプリケーションの利用に関連して他の利用者その他第三者との間で紛争が生じた場合であっても、その一切について自己の責任と負担において解決するものとします。提供者は、当該紛争につき何らの責任も負うものではありません。

 

第7条 利用規約の変更

提供者は、事前に利用者に通知することなく、いつでも本利用規約の内容を変更することができるものとします。但し、当該変更が急を要するものでなく、かつ利用者の本アプリケーション利用に重大な影響を及ぼすものである場合、提供者は、利用者に対して、予め事前告知期間を設け、適切な方法にて、当該変更を告知するものとします。
提供者は、前項の本文・但し書いずれの場合であっても、サービス提供者自身が開設するウェブサイトに、任意のタイミングにて、当該変更内容を掲載するものとします。

 

第8条 権利義務の譲渡禁止

利用者は、提供者の事前の同意なく、本利用規約に基づき本アプリケーションを利用できる地位を第三者に承継させ、又は本利用規約によって生じる権利義務の全部又は一部について第三者に譲渡し、引き受けさせ若しくは担保に供してはならないものとします。

 

第9条 各規定の有効性

本利用規約に定められた各規定の一部が法令に基づいて無効と判断された場合であっても、当該無効は他の規定の効力に影響を及ぼさないものとします。

 

第10条 準拠法

本利用規約の成立、効力発生又は解釈に当たっては、日本法を準拠法とするものとします。

 

第11条 合意管轄

本利用規約に関する紛争につき訴訟にて解決することとなった場合、神戸地方裁判所または神戸簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。
附則
1. 本利用規約は平成24年6月4日から施行します。
2. 本利用規約の施行前にサービス利用者によって行われた行為についても本利用規約が適用されます。